文教90年のあゆみ
文教大学学園校友会
文教大学学園創立90周年記念事業
創立90周年記念事業募金
住所変更のお手続きはこちらから
あやなりwebアンケート
TOP > 恩師便り (先生!お久しぶりです) > 川井 恵子先生
恩師便り (先生!お久しぶりです)

川井 恵子先生

川井 恵子先生

今でも感じる、教えることの醍醐味

 平成7年に企業を退職後「大手町ランゲージ・グループ」という会社を設立して、現在も語学関係の仕事に従事しています。国分寺にある東京経済大学でも1年に2回、留学生を対象に短期集中コースで日本語を教えており、午前中は授業をして、午後は文化体験ということでジブリ美術館に行ったり、浅草に出かけて茶道や着物の着付けの体験などをしてもらったりしています。
 1回3週間の短いカリキュラムですが、彼らは目標をしっかりもっていて語学習得に励んでいます。ある日、スピーチコンテストに出る台湾人の学生がとても暗い顔をしているので「スピーチに不安があるの?」と声をかけたところ「どうしてわかりましたか?」と彼は驚き、私と話をしたことで少しリラックスできたようでした。親元を離れ、外国に来て頑張っている学生たちに対して、言葉を教えるだけでなく、こんな風に留学生たちの気持ちに寄り添い、交流することができる、それが“教える”ことの醍醐味だなと感じています。

川井 恵子先生
Profile
昭和39年立正学園石川台小学校に赴任。昭和40〜44年は付属中学校・高等学校の英語教諭。その後アメリカに留学し、帰国後は外資系企業で日本語や英語を社員に教える語学研修の仕事に就く。現在は日本語コンサルタントとして会社代表を務める。
こちらより広報誌「あやなり」第4号(2017年6月発行)をダウンロードして取材記事をご覧ください。

PAGE TOP