文教90年のあゆみ
文教大学学園校友会
文教大学学園 募金のご案内
住所変更のお手続きはこちらから
あやなりwebアンケート
TOP > 文教人 > 付属校の英語教育 > 文教大学付属小学校
付属校の英語教育

文教大学付属小学校

文教大学付属小学校

目の前の人と心と心を通い合わせることができる人に

 勉強のためだけではなく、国際人として出身や母国語、文化が異なる相手を理解するためのツールとしての英語を大事にしています。オーストラリア短期留学やイングリッシュタイム、江東区の体験型英語学習施設での実習など、英語を使って「通じる」「話せる」喜びを感じる機会をつくり、英語学習への意欲向上につなげています。2020年度からは、学校の真ん中にある図書館に、英語の絵本も追加しています。

イングリッシュタイムで毎日英語と触れる機会を

 イングリッシュタイムとは、毎日の朝と昼の放送で、児童と先生との英語のやりとりを流す取り組みです。毎日、少しでもいいから、英語を聞いたり、話したりすることを続けることが大事だとの考えからはじまりました。
 児童と先生とのやりとりに台本はありません。低学年のうちは"What sports do you like?"などの簡単な質問に答えてもらいますが、高学年になるほど質問は長文になります。答える児童は毎日交代するので、1人あたり年1〜2回は順番が回ってきます。低学年の子は上級生の英語力に憧れ、高学年の子は下級生のヒアリング力や発音に刺激を受けて、学年を越えて互いの英語力に刺激を受ける機会となっています。

Interview

島野歩先生(文教大学付属小学校 校長)

児童には英語を楽しんでもらいたいと考えています。英語を話すことに抵抗がないように、児童の「話したい」「伝えたい」「聞きたい」気持ちを尊重しています。知識を身につけることだけでなく、相手とコミュニケーションをとるためのツールとしての英語を大事にしていきたいです。
こちらより広報誌「あやなり」第7号(2020年8月発行)をダウンロードして取材記事をご覧ください。

PAGE TOP